歴史も文化も詰め込んで
気ままに楽しむ信州の大自然

蓼科山の中腹、標高1,830mに広がる自然園。
昭和43年に実施された「明治100年記念事業」の際、長野県下第一号として開園した、歴史ある施設です。
東京ドーム約36個分の広い園内は、信州の自然が誇る約300種類の高山植物と、50種類の野鳥の宝庫!
リードをつければ、愛犬とのハイキングもお楽しみ頂けます。

原生林の遊歩道
園内には、およそ40分の散策路が整備されています。原生林に囲まれた遊歩道周辺には、苔むした朽木や岩石もちらほらと見受けられ、非日常的な空間がひろがります。ひんやりとした空気と木漏れ日のなか、自然の魅力を満喫。のんびり気ままに探索しちゃいましょう♪

蓼仙の滝
天然のカラマツ樹林を進んだ先に現れる蓼仙(りょうせん)の滝。蓼科山の湧き水が水流となり、8mの落差を階段状に落ちてくる様は、とても幻想的。心地良い滝の音と水しぶきに、たっぷりと癒されます。

御泉水池
ビジターセンターからほど近くにある小さな池。鏡のような水面に、四季折々の蓼科山の情景が映し出され、見る人を楽しませます。畔にあるあずまやは、一息つくのに最適。秋の初め、周囲のカラマツが一斉に色づき始める頃は、暖かな色に包まれた穏やかな光景が広がります。

基本情報 
期間2021年
4月28日(水)〜10月31日(日)
利用時間9:00〜16:30
御泉水自然園入園料
入園料のみ
ゴンドラ往復セット料金
大人
600円
1,600円
小学生
400円
960円
ペット
入園無料
ゴンドラ乗車は1頭につき300円
注意事項
※園内での植物・昆虫・蝶・野鳥等の採取を禁止致します。
※園内での食事は禁止、またゴミは持ち帰りましょう。
※ペットとご一緒に入園される場合は、必ずリードをつけてご散策ください。
TOP